マサゴカラフトシシャモと魚卵の利点と害

正吾:魚の卵は、チョウザメ、サーモン、ニシンなど、さまざまな種類の魚の完全に成熟した卵です。

マサゴは、北大西洋、北太平洋、北極海の冷水域で見られるカラフトシシャモの卵です。

アジア料理で人気の食材であるマサゴは、その独特の味で人気のある特産品と見なされています。

この記事では、マサゴの栄養、利点、害、および使用法について説明します。

マサゴカラフトシシャモと魚卵の利点と害

ワカサギ–一般にマサゴとして知られている–は、ワカサギ科に属するカラフトシシャモ(Mallotus villosus)の食用卵です。

それらは飼料魚と見なされます。つまり、タラ、海鳥、アザラシ、クジラなどの大型の捕食者にとって重要な食料源です。

この小さな銀色の緑色の魚は、イワシに非常によく似ています。

カラフトシシャモの肉は食用ですが、漁師は他のすべての製品、特にマサゴを求めています。

収穫されたカラフトシシャモの約80%は魚粉と魚油の生産に使用され、残りの20%はマサゴの製造に使用されます(1)。

メスのカラフトシシャモは、2〜4歳頃に卵を放出し始め、死ぬまで産卵を続けます。

マサゴは、魚が卵でいっぱいになるが、産卵する前に、メスのカラフトシシャモから収穫されます。

人気のとびこよりも小さくて安価で、巻き寿司の材料としてよく使われています。

新鮮なマサゴは淡い黄色で、料理に視覚的な興味を与えるために、オレンジ、赤、緑などの明るい色合いで着色されることがよくあります。

マイルドな味わいで、わさび、イカ墨、生姜などの具材と混ぜることもあります。

まとめMASAGOは、メスのカラフトシシャモが産卵する前に収穫されます。寿司の材料として一般的に使用されており、料理に視覚的な興味を追加するためによく使われます。

他の種類の魚卵と同様に、マサゴはカロリーが低いですが、多くの重要な栄養素が含まれています。

1オンス(28グラム)の魚卵には(2)が含まれています:

  • カロリー:40
  • 脂肪:2グラム
  • タンパク質:6グラム
  • 炭水化物:1グラム未満
  • ビタミンC:参照1日摂取量(RDI)の7%
  • ビタミンE:RDIの10%
  • リボフラビン(B2):RDIの12%
  • ビタミンB12:RDIの47%
  • 葉酸(B9):RDIの6%
  • リン:RDIの11%
  • セレン:RDIの16%

魚卵は特にビタミンB12が豊富です。これは、体がそれを自力で生成できないため、食べる食品から摂取する必要のある必須栄養素です。

ビタミンB12は、赤血球の発達、エネルギー生成、神経伝達、DNA合成などの多くの機能に不可欠です(3)。

マサゴのような魚卵は炭水化物が少ないですが、タンパク質とオメガ-3脂肪酸のような健康的な脂肪が多いです。

これらの多価不飽和脂肪酸は、炎症の調節に役立ち、免疫系、心臓、ホルモン、肺が適切に機能するために不可欠です(4)。

さらに、魚の卵にはアミノ酸(タンパク質の構成要素)、特にグルタミン、ロイシン、リジンが詰め込まれています(5)。

グルタミンは腸の健康と免疫機能に重要な役割を果たしますが、ロイシンとリジンはタンパク質合成と筋肉の修復に不可欠です(6、7)。

まとめ魚卵はカロリーが低いですが、健康的な脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

他の種類のシーフードと同様に、マサゴは栄養価が高く、多くの健康上の利点があります。

高品質のタンパク質の豊富な供給源

サイズは小さいですが、マサゴは強力なタンパク質濃縮物です。

たった1オンスのサービング(28グラム)は、1つの大きな卵(50グラム)とほぼ同じ6グラムの高品質のタンパク質を提供します(8)。

タンパク質は栄養素が最も豊富で、炭水化物と脂肪がそれに続きます。

マサゴのようなタンパク質が豊富な食品を食事に加えると、満足感を維持し、体重減少につながる可能性のある過食を避けることができます(9)。

魚の卵は完全なタンパク質です。つまり、体に必要な9つの必須アミノ酸がすべて含まれています。

セレンとビタミンB12の天然源

マサゴは、体内で強力な抗酸化物質として作用するミネラルであるセレンの優れた供給源です。

セレンはシーフードに濃縮されており、酸化ストレスを軽減し、甲状腺と免疫系に不可欠な役割を果たします(10)。

研究によると、セレンの血中濃度を上げると、免疫応答が高まり、精神的衰弱を防ぐことができます(11、12)。

マサゴは、神経の健康やエネルギー生産、その他の重要な身体機能に不可欠なビタミンB12も豊富に含んでいます(13)。

オメガ3脂肪酸が豊富

オメガ3脂肪酸は、多くの健康上の利点がある多価不飽和脂肪酸です。

これらの特別な脂肪は、炎症を調節し、血液凝固を制御し、細胞膜の不可欠な部分です。

研究によると、オメガ3脂肪酸を多く含む食品の食事摂取量が多いほど、心不全や冠状動脈性心臓病などの心臓病のリスクが低くなることが示されています(14、15)。

魚やマサゴのような魚製品は、オメガ-3脂肪酸の最高の食事源の1つです。

低水銀含有量

カラフトシシャモは小さな飼料魚であるため、その水銀含有量はサバやメカジキなどの大きな魚よりもはるかに低くなる傾向があります。

さらに、研究によると、魚の卵は、臓器や筋肉組織などの魚の他の部分と比較して、水銀が最も少ない傾向があります(16)。

このため、マサゴのような魚卵は、水銀への曝露を最小限に抑えたい人が安全に摂取することができます。

まとめMASAGOは、タンパク質、ビタミンB12、セレン、オメガ3脂肪酸などの重要な栄養素が豊富で、さまざまな健康上の利点をもたらす可能性があります。さらに、その水銀含有量は低く、この重い金属への暴露を制限することができます。

マサゴにはいくつかの健康上の利点がありますが、潜在的な欠点もあります。

カラフトシシャモ漁業に関連する生態学的懸念

マサゴは他の種類のシーフードよりも良い選択かもしれませんが、購入者はカラフトシシャモの漁法に関連する絶滅危惧種や乱獲種の混獲に関するいくつかの懸念に注意する必要があります。

環境団体は、カラフトシシャモの個体数に関する不確実性と特定の漁法に関する懸念を表明しています(17)。

産卵する雌のカプリンはマサゴの需要を満たすことを目的としていることが多いため、一部の環境グループは、この方法が時間の経過とともに種の個体数に害を及ぼす可能性があることを懸念しています(18)。

ナトリウムが多い

他のほとんどの魚卵と同様に、マサゴはナトリウムが豊富です。

さらに、マサゴはしばしば醤油や塩などの塩辛い成分と混合されて味を改善し、最終製品のナトリウム含有量を増やします。

一部のブランドのマサゴは、260 mgを超えるナトリウム(またはRDI量の11%)を小さじ1杯(20グラム)の小さなサービングに詰めています(19)。

ほとんどの人は減塩食に従う必要はありませんが、塩分を食べすぎると健康に悪影響を及ぼし、塩分に敏感な人の血圧を上昇させる可能性があります(20、21)。

アレルギー反応のリスク

マサゴは魚介類であるため、魚介類アレルギーのある方は避けてください。

魚卵には、潜在的なアレルゲンとして同定された魚卵黄タンパク質であるビテロゲニンが含まれています(22)。

さらに、魚卵はシーフードアレルギーのない人にもアレルギー反応を引き起こす可能性があります。これらには、皮膚の発疹、気道の狭窄、低血圧が含まれます(23)。

日本では、魚卵は6番目に多い食品アレルゲンです(24)。

不健康な成分と組み合わせることができます

多くの企業は、マサゴを高果糖コーンシロップやグルタミン酸ナトリウム(MSG)などの不健康な成分と関連付けています。

高果糖コーンシロップの定期的な摂取は、体重増加、インスリン抵抗性、炎症に関連しています(25)。

MSGは、マサゴなどの製品の風味を高めるために使用される一般的な食品添加物です。

研究によると、MSGは頭痛、脱力感、皮膚の紅潮などの副作用を引き起こす可能性があります(26)。

まとめMASAGOはナトリウムを多く含み、MSGや高果糖コーンシロップなどの不健康な成分を含んでいる可能性があります。さらに、いくつかのカラフトシシャモ漁法は生態学的懸念を引き起こします。

マサゴは、さまざまな使い方ができるユニークな食材です。

セミカリカリの食感と香ばしい風味が、アジア風の料理や前菜にぴったりです。

生姜墨、わさび、イカ墨など、さまざまな味のシーフードベンダーで購入できます。

食事にマサゴを加える方法は次のとおりです。

  • 小さじ数杯のマサゴが入った最高の自家製巻き寿司。
  • プレートにマサゴ、チーズ、フルーツを混ぜて、おいしい前菜を作りましょう。
  • マサゴを使ってご飯に風味を付けます。
  • マサゴをポークボウルにスプーンでかけ、ユニークな飾りを付けます。
  • アジアの麺料理にマサゴを追加します。
  • おいしいレシピのためにマサゴで魚を覆います。
  • マサゴとわさびまたはスパイシーなマヨネーズを混ぜて巻き寿司に風味を付けます。

マサゴは通常塩分が多いので、少量でパワフルな味わいになります。

マサゴはアジア料理で最も一般的に使用されていますが、おいしい料理とよく合う多くのレシピに組み込むことができます。

まとめMASAGOは、麺、米、寿司などのアジア料理に追加できます。また、ディップに組み込んで、魚の付け合わせとして使用することもできます。

カラフトシシャモの食用卵は、食用卵またはマサゴです。

たんぱく質やオメガ3、セレン、ビタミンB12などの栄養素が豊富に含まれています。

塩分を加えたもの、高果糖コーンシロップ、MSGなどの不健康な成分を含む製品は避け、塩分に敏感な場合やシーフードにアレルギーがある場合はマサゴを食べないでください。

しかし、シーフードに耐えることができ、レシピに独特の風味を加える興味深い材料を探しているなら、マサゴを試してみてください。

助けが必要な場合は医師に連絡してください!

https://www.topsantoso.com/2022/02/masago-benefits-and-harms-of-fish-eggs.html